北千住でのゴルフレッスンなら
北千住インドアゴルフスクール

03-3888-7831:火-金 10:00-20:00/土日祝 9:00-19:00

体験レッスン予約

KIG

03-3888-7831:火-金 10:00-20:00/土日祝 9:00-19:00

  • 体験レッスン予約

BLOGブログ

  • 飛距離を上げるには②

    2020.05.27

    ティーショットで飛ばす為には、、、

    打ち出し角度が適正かどうかが大切です。

    打ち出し角とは、ボールが打ち出されたときの弾道と地面の間にできる角度のことです。

    理想的な打ち出し角は13〜18度といわれています。

    アメリカのPGAの男子プロの平均的な打ち出し角は13〜15度

    女子プロ16〜18度と言われています。

    打ち出し角を決めるのは、クラブのロフトとスイング軌道となります。

    最近は高い打ち出し角と低スピンが飛ばしの条件と言われていて、

    ロフト角に対して2〜4度プラスした角度が最適とされています。

    ただしヘッドスピードが早いプロと違い

    アマチュアの方の場合はヘッドスピードがプロより遅いため、

    ボール初速がプロより低いので、打ち出し角が低いと

    ボールが失速、落下してします。

    ロフト角に対して2〜4度プラスした角度で打つ為に必要な事は

    クラブ軌道をアッパーに打つのが大切です。

    ドライバーはボールを左寄りに置いて、ティアップしているのでインパクトはクラブヘッドが最下点を過ぎてからになります。

    なのでアッパー軌道になりやすいのですが、

    スライスに悩んでる人はフェースが開くのを嫌がり、ダウンブロー気味に打ってしまう事があるので

    注意しましょう。