北千住でのゴルフレッスンなら
北千住インドアゴルフスクール

03-3888-7831:火-金 10:00-20:00/土日祝 9:00-19:00

体験レッスン予約

KIG

03-3888-7831:火-金 10:00-20:00/土日祝 9:00-19:00

  • 体験レッスン予約

BLOGブログ

  • ハンドファーストで打てるようにしましょう。

    2022.05.26

    ハンドファーストとはアドレスでグリップをボールより左側に倒して構えること、インパクトでボールよりもグリップが先行してインパクトすることを指します。

    ハンドファーストで打つ事によって、スイングの軌道が良くなり、
    ダウンスイングでインサイドからクラブも下りてきてスライスも矯正出来ます。
    他にもダフリやトップなどのミスショットを減らせボールをクリーンに打てるようになります。
    クリーンに打てるということは、インパクトが厚く、強い球になり飛距離も伸びるということです。
     
    ハンドファーストとは反対の「ハンドレイト」のスイングになると、スイングの最下点がボールよりも後方になってしまいダフリやトップの原因になります。
     
    プロはアイアンショットでボールより前の芝が削れますよね。それはハンドファーストのスイングができているからなんです。
     
    ハンドファーストを習得するにはまず、アドレスの見直しが必要です。
     
    構えた時のグリップの位置を体の中央ではなく、左足の内側付近にするのがポイントです。この時グリップエンドは左足の付け根付近を向いています。
     
    普段ハンドファーストとは反対のアドレスをしている方がこの形で構えた時、フェースが開いたままセットアップをしてしまうことがありますので、アドレスでフェースの向きを飛球線の方向へ向けるように調整してみてください。
     
    打ったボールが右へばかり出てしまう場合は、アドレスをハンドファーストにしただけでフェースが開いているなんてこともあるので注意が必要です。
     
    アドレスだけではなくフェースの向きをしっかりと確認する事も大切です。
     

  • ボールが先生

    2022.05.12

    皆さん練習場やコースでの自分の球筋を分析していますか?
    球筋を見る事で自分がどういうスイングをしたかが分かります。
     
     
    ➀の弾道が出た場合(プルフック)
    スイング軌道:アウトサイドイン
    フェイス角:クローズ
     
    ➁の弾道が出た場合(プルストレート)
    スイング軌道:アウトサイドイン
    フェイス角:スクエア
     
    ➂の弾道が出た場合(プルスライス)
    スイング軌道:アウトサイドイン
    フェイス角:オープン
     
    ➃の弾道が出た場合(ドロー)
    スイング軌道:インサイドイン
    フェイス角:クローズ
     
    ➄の弾道が出た場合(ストレート)
    スイング軌道:インサイドイン
    フェイス角:スクエア
     
    ➅の弾道が出た場合(フェード)
    スイング軌道:インサイドイン
    フェイス角:オープン
     
    ➆の弾道が出た場合(プッシュフック)
    スイング軌道:インサイドアウト
    フェイス角:クローズ
     
    ➇の弾道が出た場合(プッシュストレート)
    スイング軌道:インサイドアウト
    フェイス角:スクエア
     
    ➈の弾道が出た場合(プッシュスライス)
    スイング軌道:インサイドアウト
    フェイス角:オープン
     
    というスイング分析になります。
     
    自分の現状を把握するには球筋をチェックする事で自分のスイングが見えてきます。
    スイングの形や体の動きにこだわり過ぎず、自分がどんな球筋が打ちたいかを決めることで
    スイングも自然と球筋に応じた形や体の動きになりますよ(^^)
     
     

  • 心技体

    2022.05.05

    よくゴルフメンタルと言いますが、本当にそうでしょうか?
    もちろんメンタルが大切なのは分かります。
    ただ僕はメンタルだけでは上手くなれないと思っています。
     
    心技体という言葉があります。
    心 精神力
    技 技術
    体 体力ですね。
    僕が思う順番は体 技 心だと思っています。
    よくプロ野球選手はゴルフが上手くなるのが早いと聞きますが
    ずば抜けた体力がありますよね
    体力があれば練習量も増やせますし、練習量が増えれば技術もつきます。
    技術がついて自信を持てるとメンタルも安定します。
     
    体力が低下すると判断力も鈍り
    マネジメントやパッティングのグリーン読みなどジャッジミスが出やすくなります。
     
    なのでまずは体力が必要だと思います。
    体力をつける方法として
    いつもより意識して歩いたり、
    階段を登ったりするだけでも
    効果は出るのでやってみてくださいね^_^