北千住でのゴルフレッスンなら
北千住インドアゴルフスクール

03-3888-7831:火-金 10:00-20:00/土日祝 9:00-19:00

体験レッスン予約

KIG

03-3888-7831:火-金 10:00-20:00/土日祝 9:00-19:00

  • 体験レッスン予約

BLOGブログ

  • アプローチ

    2022.06.07

    今回はアプローチショットをハンドファーストで打つ方法をお話します。

    まずアプローチショットでの
    ダフリ、トップなどの原因ですがトップの位置からインパクトにかけて手首がほどける事が原因となります。
    手首がほどけるとは、トップの位置で右手首は甲側に折れています。
    ダウンスイングの過程で右手首が平側に折れてしまう事が手首がほどけると言います。
     
    では手首がほどけない方法ですが
    まずアライメントスティックを用意して頂いて、無い場合はクラブでも構いません。
    用意したアライメントスティックを左脇の下に入れてクラブと一緒にグリップします。
    この時に背中側にスティックを伸ばした状態にして頂いて構えます。
     
    アドレスした時はアライメントスティックが左脇に当たっている状態にあります。
    素振りでいいので20ヤードを打つ振り幅で振ってください。
    その時にインパクト〜フォロースルーでアライメントスティックが体に当たらないように、体を回転させられるとハンドファーストで打てています。
     
    手首がほどけるからといっても、手首の動きでは解決しないので
    体を回転させる事によって、結果的にハンドファーストで打てます。
    アプローチで悩んでいる方はぜひ試してみてくださいね^_^