北千住でのゴルフレッスンなら
北千住インドアゴルフスクール

03-3888-7831:火-金 10:00-20:00/土日祝 9:00-19:00

体験レッスン予約

KIG

03-3888-7831:火-金 10:00-20:00/土日祝 9:00-19:00

  • 体験レッスン予約

BLOGブログ

  • アイアンの飛距離アップの方法

    2022.07.06

    今回はアイアンの飛距離を上げる方法についてご説明します。
    よく男性だと7番アイアンと5番アイアンの距離が変わらない、
    むしろ7番アイアンの方が飛ぶなど聞くことが多いです。
    女性ですと7番アイアンより8番アイアンの方が飛ぶなど聞きます。
    番手なりの飛距離を出す為に必要な方法をお伝えします。
     
    番手なりに飛距離を出すためには適正なバックスピン量である必要があります。
     
    バックスピン量はインパクト時のクラブフェースのロフト角 (ダイナミックロフト)
    インパクト時のクラブヘッドの入射角の角度の差が大きく影響します。
     
    インパクト時のクラブフェースのロフト角が寝てる
     
    又はインパクト時のクラブヘッドの入射角の角度が鋭角すぎるなどすると
     
    打ち出し角(スピンロフト)が大きすぎて
    過度なバックスピン量になり、飛距離をロスしてしまいやすくなります。
     
    飛距離をロスしない為には
     
    インパクト時のロフト角が立っている事
    インパクト時のクラブヘッドの入射角が緩い事(ダウンブロー過ぎない事)
     
    入射角が緩いとは地面に対してクラブヘッドが平行に近い軌道の事です。
     
    両立させられるとより良いです
     
    飛距離をロスしていると感じる方はまず上記の内どちらが必要なのか
     
    又は両方必要なのかを分析しましょう。
    そうすればアイアンの番手ごとの飛距離が出て、ゴルフが一層楽しくなります(^^)